外資系転職の心構え

外資系転職では国内企業に転職するときとは違う心構えをしておくことが大切です。どのようなことを念頭に置いておく必要があるのでしょうか。押さえておきたい三つのポイントを紹介するので参考にして準備を整えましょう。

外資系転職はスタート地点

キャリアアップを考えよう

次の転職も検討しよう

成果が上がる職場が大切

外資系企業に転職するときにはいかにして自分が成果を上げられる職場に移るかを慎重に考えるのが大切です。年功序列ではなくいかに企業に貢献したかを具体的な指標で評価し、成果を上げた人に対して手厚い待遇を与えるのが外資系企業では一般的になっています。給料が上がる、臨時報酬を受け取れる、昇進できるなどといった形で報酬の形も様々なものがありますが、成果を上げることで外資系企業で稼いだり、キャリアを作り上げたりすることが可能になるのです。そのため、すぐに成果を上げて高く評価を受けられる職場に転職するのが重要だと考えられます。 成果を上げるためには外資系企業の現場で必要とされる知識や経験、技術などを兼ね備えていることが大切です。現場に入って即戦力になり、企業が抱えてきた課題を速やかに解決したら大きな報酬を得られるでしょう。ただ、気をつけなければならないのが、その時点で自分の能力がそれ以上評価されなくなるリスクがあることです。他にも企業に貢献できるような成果を上げなければさらに報酬を受けることができません。それが難しい状況に陥ってしまって減給や降格になってしまうこともあるので、外資系企業で働くときには気をつけましょう。

転職して次の職場で活躍しよう

外資系企業に転職するときには次の転職も検討しておくのが大切です。新たに入った職場で自分ができるのはこれだけだと見極めた時点で、次の職場に移ってさらに活躍するという道筋を辿っていくと常に大きな成果を上げて評価を受けられるようになります。転職の際には前職の待遇を参考にして給与や地位などを決めるのが一般的なので、成果を上げて次の職場へということを繰り返していれば大幅に年収も上がり、地位も高くなっていくでしょう。このような形でキャリアアップをするのは海外では一般的なことなので、外資系企業で働くなら積極的にやってみると良い方法です。 ただし、キャリアアップのために転職を短期間で繰り返すとジョブホッパーと認識されてしまいがちなので注意しましょう。入社してくれるけれどすぐにいなくなる可能性が高いと企業に考えられてしまうようになるのです。すると転職先を探そうとしてもなかなか採用してもらえなくなります。ジョブホッパーと思われないように少なくとも3年くらいは同じ職場で働くことが必要というのが一般的な考え方です。3年以上働いて一通り上げられる成果を出したらもっと活躍できる職場を求めて転職活動を始めるという流れにするのが安全策です。

外資系転職の書類対策

外資系転職で重視される履歴書や職務経歴書の対策はどのようにして行ったら良いのでしょうか。一般的にどんなポイントを押さえておく必要があるのかを確認し、書類選考を通過できる書類を整えられるようになりましょう。

アピールポイントの特徴

外資系企業に転職するうえで重要なのが職務経歴書です。単に職務経歴書にそれまでの努力や積み上げてきたキャリアを書くだけでなく、その内容を輝かせる必要があります。ところで職務経歴書というのは、あらかじ…

外資系転職で必要なポイント

外資系企業からの求人に応募するときにも必要書類を整えて提出することから始めるのが一般的です。応募の際にまず重要なポイントは英文で用意しなければならない場合がほとんどなので、英語圏における書類の整え…

書類は英語で書くことが多い

外資系企業に応募するときの履歴書などの書類は英語で書くことがほとんどです。特に指定がない場合には英語で書くのが当然と考えられていることが多く、日本語で書いたものを提出すると選考すらしてくれないこと…